オールインワンの成分をまるかじり!!副作用があるって本当!?

 

“忙しくても肌のお手入れだけは きちんとしておきたい”

 

 

“いつまでも若々しく見られたい”

 

 

そんな思いを実現させた“簡単スキンケアのオールインワンエマルジョン”ですが、

 

オールインワンと聞くと 
『物足りない』 『1本で大丈夫なの?』
と言う不安もあるかと思います。

 

 

また、1本で満足のいくスキンケアが出来るのかも不思議ですよね^^;

 

 

“副作用”に関しては成分の殆どが元々“肌に存在”している物であったり
“植物由来の成分”で出来ているので ほとんど報告はありませんが

 

人それぞれ肌質も違いますので 
心配な方は医師に相談の上使用された方が良いかと思います。

 

 

 

そこでそんなオールインワンの成分と
副作用について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

オールインワンエマルジョンはどんな成分で出来ているの?

 

 

※フラーレン
強い抗酸化作用があるため、
シミ、シワの原因である活性酸素を除去する働きがあり、肌の老化を遅らせることができます。

 

 

 

 

※リンゴ果実培養細胞エキス

 

長期保存しても味が落ちない『奇跡のリンゴ』とも呼ばれている
スイス産の「ウトビラー・スパトラウバー」と
呼ばれる品種のリンゴの幹細胞を培養して抽出したエキスです。

 

 

幹細胞とは、色々な役割を持つ事が出来るので、オールインワンには
肌のターンオーバーのサイクルを正常にもどす効果があるとして配合されています。

 

 

 

 

※水溶性プロテオグリカン

 

水溶性プロテオグリカンとは、皮膚に存在する成分で、
コラーゲンやヒアルロン酸と同じ働きをします。

 

保湿力はヒアルロン酸の1.3倍!あると言われています。

 

 

しかもコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用もあるので、
肌の奥の水分量アップに効果的です。

 

 

 

 

※グルコノバクター/ハチミツ発酵液

 

1gのハチミツを取るには、約9万本のバラが必要といわれていて、
ブルガリア産ローズのハチミツを発酵させて得られる成分です。

 

 

通常のハチミツの
“100倍近いグルコン酸”を含んでいて、“なめらかな肌”へと導きます。

 

 

 

※PCA‐Na

 

皮膚の角質層”の中に多く含まれていて特徴として、
角質層に浸透して強力な保湿効果があります。

 

肌を乾燥から守る働きがありとして配合されています。

 

 

 

 

※プラセンタエキス

 

国産の天然鮭の卵巣膜から抽出・精製した海洋性プラセンタ様物質で
アミノ酸やコラーゲンなどが沢山含まれています。

 

 

 

 

※ヒアルロン酸Na

 

1gで6?もの水分を抱え込む高い水分保持力があります。
膝の治療などにも使われている事で有名ですよね^^

 

 

 

 

※スクワラン

 

皮脂膜に含まれる成分で、肌の表面を覆い肌を守ってくれます。

 

 

 

 

※シアバター

 

皮脂の成分と似ているため、
肌なじみの良い保湿成分で肌表面をしっかり保護してくれます。

 

べたつきを心配される方もいるようですが、
実際に使った人の意見を聞くとべたつきは感じないという声が多くありました。

 

 

 

*6つのフリー

 

界面活性剤・合成香料・鉱物油・着色料・アルコール・パラペン
この6つの成分は使用していません。

 

 

ですから肌に優しい成分で出来ていると言えますね♪

 

 

 

1本のスキンケアにこれだけの成分を配合する事に成功して出来上がった

 

オールインワンエマルジョンなので、
簡単なお手入れなのに満足できるスキンケアだと思います♪